名古屋にある教会にはこんな種類がある

名古屋と言えば愛知県の代表的な都市でもあります。愛知の人々の県民性を語る時には、結婚式に関する内容が必ず話題に上がります。一言で表すと愛知県民の結婚式は非常に派手で盛大にやるイメージを持っている人は少なくありません。もともと愛知県民は地元愛が強い人が多く、結婚しても県内や実家の側に新しい住居を構える人も少なくありません。その為に家族関係が親密で、地域の中での人々との繋がりも深くなっている傾向があります。だからこそ、親戚を始め地域を挙げて盛大に結婚のお祝いを行う風習の名残が、現代でも残っているともいえるでしょう。結婚式の当日の朝に自宅の2階の窓からお菓子を入れた袋を集まった近所の人に投げて配る菓子まきなどは独特の習わしであるともいえます。結婚式だけでなく、結納なども盛大に執り行われることもその表れであります。

名古屋の教会で結婚式を挙げたい人は

現代社会においては、その生活スタイルや環境は戦後からわずか半世紀前後の期間で、劇的な変化を遂げてきました。経済活動は国を超えて世界中と繋がりが持たれています。たくさんの商品や文化が外国から輸入され価値観は多様化されてきました。その中で新しく日本に根付いてきた文化やスタイルも増えてきたのです。結婚式を神社だけではなく、チャペルウェディングで結婚の誓いを行う人が増えたこともその一つの表われです。結婚式が豪華な事で有名な愛知においても、協会で式を挙げたいと考える人は少なくありません。チャペルウェディングを演出するためにはその存在は欠かせなくなっているのです。ホテルの中や結婚式の専門会場の中にあしらわれているチャペルで挙式を挙げる人も少なくありません。バージンロードを育ての親と一緒に、新郎と神父様の待つ場所まで歩く道にも全て意味があります。それでは、愛知ならではの式を挙げる為の教会を探すことは出来るのでしょうか。

愛知の人が好むチャペルウェディングの特徴と場所は?

名古屋の周辺にもさまざまな宗派のキリスト教信者が運営している数多くの教会があります。この場所は信者にとってみれば特に神聖な場所であります。毎週行われるミサに参加して深い祈りを捧げたり、懺悔を行って自分自身を振り返ることもあります。神父様や他の信者と語らうことで、キリスト教の教えを改めて学ぶ勉強会も行われています。その他に地域の人々と交流できるイベントが季節ごとに開催されているチャペルも少なくないのです。そして、愛知の人が望んでいるチャペルウエディングを執り行える協会もあります。名古屋教区司教座聖堂とも言われる大聖堂のヨゼフ館は愛知、岐阜、石川、福井、富山のそれを統括する中心的な存在として建設された大聖堂です。広々としたその場所での収容人数は700名可能で、高さが50メートルある圧倒的な空間が特徴的な美しい聖堂です。県内最大クラスの大きさのパイプオルガンとドイツ製のステンドグラスも魅力の一つです。本物のチャペルだからこそ荘厳な雰囲気の中で豪華な挙式が執り行われるのです。